ビットコイン74万円→80万円 週足「割っちゃいけないライン」を守りきれないと暴落する可能性が高くなります ビットコイン週足&3日足チャート 100週線、200週移動平均線 3日足200SMA 2019年11月26日(火)

ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 200日線SMA=101万円 100日線SMA=98万円 ビットコイン bitFlyer:BTCJPY 3日足チャート 100EMA=88万円 100SMA=83万円 200EMA=79万円 200SMA=76万円←今ここ  300EMA=70万円 400EMA=58万円 500EMA=51万円 2019年11月26日(火)19時bitcoin
ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 200日線SMA=101万円 100日線SMA=98万円 ビットコイン bitFlyer:BTCJPY 3日足チャート 100EMA=88万円 100SMA=83万円 200EMA=79万円 200SMA=76万円←今ここ  300EMA=70万円 400EMA=58万円 500EMA=51万円 2019年11月26日(火)19時
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
おすすめハイスペックスマートフォン

 

RAMメモリ容量比較
iPhoneXR:3GB
iPhoneXS,XSMax:4GB
GalaxyS9:4GB
OnePlus 7T Pro:8GB/12GB
Xiaomi Mi Note 10:6GB/8GB
Samsung Galaxy Note10+ 12GB/256GB 
ROG Phone2:8GB/128GB 12GB/512GB
BlackShark2最上位モデル:12GB

 

 


ASUS ROG Phone2 ゲーミング 4Gファブレット
8GB RAM 128GB ROM国際版 – ブラック
6.59インチAndroid Pie
Snapdragon 855 Plusオクタコア 2.96GHz
48.0MP + 13.0MPリアカメラ
6000mAhバッテリー

バッテリーは3000mAhだとか4000mAhのスマホが多いですが、
ゲーミングスマホであるROG Phone2は超大容量の6000mAhです

Antutuベンチマークランキング(Android)2020年3月現在世界1位

PUBGモバイルや荒野行動などでも何のストレスもなく、快適にプレイできます

 

Antutuベンチマークスコア世界ランキング 総合スコア 2020年3月4日現在
1位 ROG Phone2 50万点 (8GB/128GBは5万円~8万円 12GB/512GBは10.7万円)
2位 OnePlus 7T 49万点 (7Tは約5万円  7T Proは約7万円
3位 realme X2 Pro 48万点(EU版8GB/128GB 約5万円)
4位 Oneplus 7 Pro 47万点(8GB/256GBは9.2万円~9.9万円)
5位 OnePlus 7 46万点
6位 Samsung Note10+ 45万点
7位 Redmi K20 Pro 45万点 12GB RAM/512GB ROMで驚異の5.4万円
8位 Samsung Note10 44万点
9位 Mi9 44万点
10位 Mi 9T Pro 44万点(6GB/128GB 5.7万円)
11位 Samsung S10+ 41.4万点(8GB/128GB 8.9万円)
12位 Samsung S10 41.1万点(8GB/128GBは8万円)

 

 

Ulefone Armor 7 4Gファブレット6.3インチAndroid 9.0 Helio P90オクタコア 8GB RAM 128GB ROM 3リアカメラ5500mAhバッテリー国際版 - ブラック EU 心拍センサー、UV検出器、ワイヤレス充電、IP68 IP69K、NFC、48MP + 16MP + 8MPリアカメラ 防水、防塵、耐衝撃

Ulefone Armor 7 4Gファブレット6.3インチAndroid 9.0 Helio P90オクタコア 8GB RAM 128GB ROM 3リアカメラ5500mAhバッテリー国際版 – ブラック EU 心拍センサー、UV検出器、ワイヤレス充電、IP68 IP69K、NFC、48MP + 16MP + 8MPリアカメラ 防水、防塵、耐衝撃

ヨーロッパでのベストセラースマホはUlefone Armor 7のようです
防水、防塵、耐衝撃 タフネススマホの需要が高いんですね
水泳、登山家、サーファ、ロードバイク乗りだとかアウトドア系に大人気
心拍センサーと歩数計も搭載されています

PUBG Mobileの設定ではスムーズ+ウルトラまで対応
COD Mobileの設定ではフレームレート高まで設定できます

 

Xiaomi Mi Note 10 (CC9 Pro) 108MPペンタカメラフォングローバル版 オンラインスマートフォン - ブラック 世界初の108MP Xiaomi(Mi Note 10)ペンタカメラフォン:6.47インチ4G Phablet 6GB RAM 128GB ROM 高速充電可能5260mAhバッテリー
Xiaomi Mi Note 10 (CC9 Pro) 108MPペンタカメラフォングローバル版 オンラインスマートフォン – ブラック 世界初の108MP Xiaomi(Mi Note 10)ペンタカメラフォン:6.47インチ4G Phablet 6GB RAM 128GB ROM 高速充電可能5260mAhバッテリー

世界初の量産1億画素スマホカメラ

 

Image from Gyazo
Oneplus 7T 4Gファブレット 6.55インチOxygen OS Android 10
Snapdragon 855 Plusオクタコア8GB RAM 256GB ROM
3800mAhバッテリー国際版 – ブルーグレー
48.0MP + 12.0MP + 16.0MPリアカメラと30W充電

Oneplus 7Tはベンチマーク世界2位のハイエンドスマホです

Antutuベンチマークスコア世界ランキング 総合スコア 2020年3月4日現在
1位 ROG Phone2 50万点 (8GB/128GBは8.7万円 12GB/512GBは10.7万円)
2位 OnePlus 7T 49万点 (7Tは約5万円  7T Proは約7万円

 

Image from Gyazo

OnePlus 7T Pro 4Gファブレット国際版
6.67インチOxygen OS Snapdragon 855 Plusオクタコア
8GB RAM 256GB ROM
3リアカメラ4085mAhバッテリー – 青
90Hzディスプレイ、ワープ充電30T、Android10

Antutuベンチマークスコア世界ランキング 2020年3月4日現在
2位 OnePlus 7T 49万点 (7Tは約5万円  7T Proは約7万円

世界2位のスマホがなんと5万円や7万円で購入可能 コスパがかなり良いです

 

Image from Gyazo
Samsung Galaxy S10 4Gファブレット 8GB RAM 128GB ROM – 緑
6.1インチAndroid 9.0
Snapdragon 855 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
12.0MP + 12.0MP + 16.0MPリアカメラ
3400mAhバッテリー

8GB/128GB

 

Image from Gyazo

Samsung Galaxy S10+ 4G回線ファブレット
8GB RAM 128GB ROM 国際版 – ブラック
6.4インチAndroid 9.0
Snapdragon 855 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
12.0MP + 12.0MP + 16.0MP背面カメラ
4100mAhバッテリー

8GB/128GB

 

Image from Gyazo
Samsung Galaxy Note10+ 4G回線ファブレット
6.8インチ Android 9.0 Qualcomm
Snapdragon 855 オクタコア
12GB RAM 256GB ROM
4 リアカメラ
4300mAhバッテリーグローバルバージョン – オーロラ
スマートS​​ PEN、
12.0MP + 16.0MP + 12.0MP + VGAリアカメラ

12GB/256GB Galaxy Note10+はもはやゲーミングスマホです

 


ASUS ROG Phone2 ゲーミング 4Gファブレット
8GB RAM 128GB ROM国際版 – ブラック
6.59インチAndroid Pie
Snapdragon 855 Plusオクタコア 2.96GHz
48.0MP + 13.0MPリアカメラ
6000mAhバッテリー

バッテリーは3000mAhだとか4000mAhのスマホが多いですが、ゲーミングスマホであるROG Phone2は超大容量の6000mAhです

Antutuベンチマークランキング(Android)2020年3月現在世界1位

ランキング

 

結論:Wi-Fiしか使わない、または
ソフトバンク回線、ワイモバイル回線の方は5万円のもの (テンセント版)で問題ありません

テンセント版でも
SoftBank/Y!mobileは必須バンドフル対応でデータ通信、音声通信ともに可能で不自由なし
ただしdocomoやauのプラチナバンドに非対応 山や地下鉄では繋がりにくいかも?
グローバルバージョンはdocomo/softbank必須バンドフル対応音声通話も可能
ただしauはデータ通信可能でも音声通話ができません

ROM国際版(テンセント版)も、GlobalVersionどちらもgoogle Playに対応しています

5万9359 円 →OTAサポートなし(無線でAndroidOSアップデートできず、PCが必要)
(ROM国際版 ソフトバンクや Y!mobileにはデータ通信、通話にフル対応で文句も問題もなし
ドコモやauの場合、プラチナバンドに非対応 au:データ通信可能・音声通話不可)
テンセント版に同梱されている充電器は18W

7万1679 円 →OTAサポートあり
(無線でAndroidOSアップデート可能)
自称Global Version
説明文はなぜかテンセント版のネットワーク周波数、バンドが記載されています
本物のグローバルバージョンならdocomo/SoftBankの場合必須バンドフル対応で問題なし
ただしauはVoLTE SIMフル対応していますが通信できないというレビューもあるようです
グローバルバージョンは同梱充電器が30W 2020年3月10日(火)現在

AndroidOS無線インストール(OTA)非対応でもパソコンを使えば手動でもアップデート可能です(解説動画

 

RAMメモリ容量比較
iPhoneXR:3GB
iPhoneXS,XSMax:4GB
GalaxyS9:4GB
OnePlus 7T Pro:8GB/12GB
Xiaomi Mi Note 10:6GB/8GB
Samsung Galaxy Note10+ 12GB/256GB 
ROG Phone2:8GB/128GB 12GB/512GB
BlackShark2最上位モデル:12GB

よしナックルの画像で分かる!FXテクニカル分析の基本(TradingViewインジケーターセット)チャートパターン集 魔改造RCIインジケーター・移動平均線セット・そこが底インジケーターなど全作セット よしナックル
画像で分かる!FXテクニカル分析の基本 TradingViewインジケーターセット RCIインジ・移動平均線・そこが底インジ http://urx.space/WC4v

画像で分かる!FXテクニカル分析の基本 TradingViewインジケーターセット 魔改造RCIインジケーター・移動平均線セット・そこが底インジ よしナックル http://urx.space/WC4v

画像で分かる!FXテクニカル分析の基本(TradingViewインジケーターセット)チャートパターン集 魔改造RCIインジケーター・移動平均線セット そこが底インジ 販売中!! 

  1. ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 200日線SMA=101万円 100日線SMA=98万円 ビットコイン bitFlyer:BTCJPY 3日足チャート 100EMA=88万円 100SMA=83万円 200EMA=79万円 200SMA=76万円←今ここ  300EMA=70万円 400EMA=58万円 500EMA=51万円 2019年11月26日(火)19時
  2. ビットコイン7171ドル=78万円 週足チャート 2015年から続く最重要 サポートラインは200週移動平均線です こちらは現在4900ドル=53万円の位置にあります 10万円や20万円まで下がることは考えにくいです (ビットコインはマイニングが赤字になり続けると崩壊してしまう? (慈善事業でマイニングする奇特な業者はいるのでしょうか) 最効率のマイニングマシンは MicroBT Whatsminer M10で損益分岐点は 3627ドル 38万円(2018年の大底)です マイニング損益分岐点を無視して動くようなことはないはずです 「茹でガエル」になる前に自律反発でリバウンド上昇すると予想します 赤字が許容されるのは3ヶ月~4ヶ月程度です 2018年も2019年もディセンディングトライアングルを下抜けてしまいました 週足 単純移動平均線100SMA=100週線、100週移動平均線は76万円の位置にあります 週足 指数平滑移動平均線200週線EMAは5500ドル=59万円の位置にあります 2015年から続く強力なサポートラインの単純移動平均線200SMA=200週移動平均線は4900ドル=53万円の位置にあります マイニング損益分岐点(操業停止線・シャットダウン価格) ●Innosilicon T3+57T   5126ドル 54.9万円 実は2017年9月の高値 2019年11月26日(火)19時
  3. ビットコイン7086ドル=77万円 週足チャート ログスケールチャート100週線と200週線は重要です よく見ておきましょう 割っちゃいけないラインを 割ったら2018年のように暴落する恐れがあります 来年の2020年4月から 改正資金決済法と金融商品取引法が施行 去年は ・四半期(3ヶ月間)の赤字は許容範囲 ・4月は新年度相場 =資金流入で爆上げアノマリーがありました Bitmain AntminerS9は 2017年販売開始の旧型です ついにマイニング損益分岐点8528ドル=91.5万円割れで赤字になりました 2019年販売開始の Bitmain Antminer S17 Proの 損益分岐点は67万円です これは2018年の急落前の重要サポートラインでもあります(65万円や6500ドルラインも重要?) 3日足 2018年は200SMA攻めに耐え切られず割れて急落開始 ビットワイズのビットコインETFが再審査されたり 半減期(2020年5月頃)などの好材料は折り込み済み? 下抜けた時の場合も考えておいたほうが良いかも ビットコイン損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro  6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10  3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)20時
  4. ビットコイン78万円 4時間足チャート 単純移動平均線20SMAを見ておくと分かりやすいです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い 下抜けは売り 上抜け失敗は戻り売り ロールリバーサル、リターンムーブで検索すると良いです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い増し 下抜けは売り。上抜け失敗、復帰失敗は戻り売りです CMEのビットコイン先物11月物SQは 日本時間11月30日午前1時です (SQ前に売り、SQ後に買い戻しされる傾向) 2000EMA,3000EMA,4000EMAと段々状に動いています テクニカルを無視した動きはしていません  2019年11月26日(火)19時
  5. ビットコイン78万円 マイニング損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro 水色 6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10 緑 3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)19時
  6. ビットコイン77万円 1日足 700日線EMA接触中 800日移動平均線は機関投資家も使用しているそうです 単純移動平均線だけでなく指数平滑移動平均線も有効です CMEのビットコイン先物SQ日が トレンド転換日になっています 2019年11月26日(火)20時
  7. ビットコイン77万3010円=7099ドル リップル23円 イーサリアム1万5884円 イーサリアムクラシック416円 ネム3.873円 モナコイン98.95円 ビットコインキャッシュ2万2765円 ライトコイン5023円 ファクトム277円 リスク70円 ステラ6.254円 コムサ5.647円 世界の株価 日経平均株価2万3373円 TOPIX1705円 マザーズ新興市場905円 米国株 ダウ平均株価2万8066ドル ナスダック8632ドル S&P500は3133ドル ゴールド1トロイオンス1458ドル=金相場1グラム5108円 WTI原油は58.11ドル=1リットル39.83円 ドル円108.971円 ユーロ円120.044円 ユーロドル1.1016円 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 200日線SMA=101万円 100日線SMA=98万円 ビットコイン bitFlyer:BTCJPY 3日足チャート 100EMA=88万円 100SMA=83万円 200EMA=79万円 200SMA=76万円←今ここ  300EMA=70万円 400EMA=58万円 500EMA=51万円 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 200日線SMA=101万円 100日線SMA=98万円 ビットコイン bitFlyer:BTCJPY 3日足チャート 100EMA=88万円 100SMA=83万円 200EMA=79万円 200SMA=76万円←今ここ  300EMA=70万円 400EMA=58万円 500EMA=51万円 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 200日線SMA=101万円 100日線SMA=98万円 ビットコイン bitFlyer:BTCJPY 3日足チャート 100EMA=88万円 100SMA=83万円 200EMA=79万円 200SMA=76万円←今ここ  300EMA=70万円 400EMA=58万円 500EMA=51万円 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 200日線SMA=101万円 100日線SMA=98万円 ビットコイン bitFlyer:BTCJPY 3日足チャート 100EMA=88万円 100SMA=83万円 200EMA=79万円 200SMA=76万円←今ここ  300EMA=70万円 400EMA=58万円 500EMA=51万円 2019年11月26日(火)19時

 

ビットコイン7171ドル=78万円 週足チャート 2015年から続く最重要 サポートラインは200週移動平均線です こちらは現在4900ドル=53万円の位置にあります 10万円や20万円まで下がることは考えにくいです (ビットコインはマイニングが赤字になり続けると崩壊してしまう? (慈善事業でマイニングする奇特な業者はいるのでしょうか) 最効率のマイニングマシンは MicroBT Whatsminer M10で損益分岐点は 3627ドル 38万円(2018年の大底)です マイニング損益分岐点を無視して動くようなことはないはずです 「茹でガエル」になる前に自律反発でリバウンド上昇すると予想します 赤字が許容されるのは3ヶ月~4ヶ月程度です 2018年も2019年もディセンディングトライアングルを下抜けてしまいました 週足 単純移動平均線100SMA=100週線、100週移動平均線は76万円の位置にあります 週足 指数平滑移動平均線200週線EMAは5500ドル=59万円の位置にあります 2015年から続く強力なサポートラインの単純移動平均線200SMA=200週移動平均線は4900ドル=53万円の位置にあります マイニング損益分岐点(操業停止線・シャットダウン価格) ●Innosilicon T3+57T   5126ドル 54.9万円 実は2017年9月の高値 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン7171ドル=78万円 週足チャート 2015年から続く最重要 サポートラインは200週移動平均線です こちらは現在4900ドル=53万円の位置にあります 10万円や20万円まで下がることは考えにくいです (ビットコインはマイニングが赤字になり続けると崩壊してしまう? (慈善事業でマイニングする奇特な業者はいるのでしょうか) 最効率のマイニングマシンは MicroBT Whatsminer M10で損益分岐点は 3627ドル 38万円(2018年の大底)です マイニング損益分岐点を無視して動くようなことはないはずです 「茹でガエル」になる前に自律反発でリバウンド上昇すると予想します 赤字が許容されるのは3ヶ月~4ヶ月程度です 2018年も2019年もディセンディングトライアングルを下抜けてしまいました 週足 単純移動平均線100SMA=100週線、100週移動平均線は76万円の位置にあります 週足 指数平滑移動平均線200週線EMAは5500ドル=59万円の位置にあります 2015年から続く強力なサポートラインの単純移動平均線200SMA=200週移動平均線は4900ドル=53万円の位置にあります マイニング損益分岐点(操業停止線・シャットダウン価格) ●Innosilicon T3+57T   5126ドル 54.9万円 実は2017年9月の高値 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン7171ドル=78万円 週足チャート 2015年から続く最重要 サポートラインは200週移動平均線です こちらは現在4900ドル=53万円の位置にあります 10万円や20万円まで下がることは考えにくいです (ビットコインはマイニングが赤字になり続けると崩壊してしまう? (慈善事業でマイニングする奇特な業者はいるのでしょうか) 最効率のマイニングマシンは MicroBT Whatsminer M10で損益分岐点は 3627ドル 38万円(2018年の大底)です マイニング損益分岐点を無視して動くようなことはないはずです 「茹でガエル」になる前に自律反発でリバウンド上昇すると予想します 赤字が許容されるのは3ヶ月~4ヶ月程度です 2018年も2019年もディセンディングトライアングルを下抜けてしまいました 週足 単純移動平均線100SMA=100週線、100週移動平均線は76万円の位置にあります 週足 指数平滑移動平均線200週線EMAは5500ドル=59万円の位置にあります 2015年から続く強力なサポートラインの単純移動平均線200SMA=200週移動平均線は4900ドル=53万円の位置にあります マイニング損益分岐点(操業停止線・シャットダウン価格) ●Innosilicon T3+57T   5126ドル 54.9万円 実は2017年9月の高値 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン7171ドル=78万円 週足チャート 2015年から続く最重要 サポートラインは200週移動平均線です こちらは現在4900ドル=53万円の位置にあります 10万円や20万円まで下がることは考えにくいです (ビットコインはマイニングが赤字になり続けると崩壊してしまう? (慈善事業でマイニングする奇特な業者はいるのでしょうか) 最効率のマイニングマシンは MicroBT Whatsminer M10で損益分岐点は 3627ドル 38万円(2018年の大底)です マイニング損益分岐点を無視して動くようなことはないはずです 「茹でガエル」になる前に自律反発でリバウンド上昇すると予想します 赤字が許容されるのは3ヶ月~4ヶ月程度です 2018年も2019年もディセンディングトライアングルを下抜けてしまいました 週足 単純移動平均線100SMA=100週線、100週移動平均線は76万円の位置にあります 週足 指数平滑移動平均線200週線EMAは5500ドル=59万円の位置にあります 2015年から続く強力なサポートラインの単純移動平均線200SMA=200週移動平均線は4900ドル=53万円の位置にあります マイニング損益分岐点(操業停止線・シャットダウン価格) ●Innosilicon T3+57T   5126ドル 54.9万円 実は2017年9月の高値 2019年11月26日(火)19時

 

ビットコイン7086ドル=77万円 週足チャート ログスケールチャート100週線と200週線は重要です よく見ておきましょう 割っちゃいけないラインを 割ったら2018年のように暴落する恐れがあります 来年の2020年4月から 改正資金決済法と金融商品取引法が施行 去年は ・四半期(3ヶ月間)の赤字は許容範囲 ・4月は新年度相場 =資金流入で爆上げアノマリーがありました Bitmain AntminerS9は 2017年販売開始の旧型です ついにマイニング損益分岐点8528ドル=91.5万円割れで赤字になりました 2019年販売開始の Bitmain Antminer S17 Proの 損益分岐点は67万円です これは2018年の急落前の重要サポートラインでもあります(65万円や6500ドルラインも重要?) 3日足 2018年は200SMA攻めに耐え切られず割れて急落開始 ビットワイズのビットコインETFが再審査されたり 半減期(2020年5月頃)などの好材料は折り込み済み? 下抜けた時の場合も考えておいたほうが良いかも ビットコイン損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro  6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10  3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン7086ドル=77万円 週足チャート ログスケールチャート100週線と200週線は重要です よく見ておきましょう 割っちゃいけないラインを 割ったら2018年のように暴落する恐れがあります 来年の2020年4月から 改正資金決済法と金融商品取引法が施行 去年は ・四半期(3ヶ月間)の赤字は許容範囲 ・4月は新年度相場 =資金流入で爆上げアノマリーがありました Bitmain AntminerS9は 2017年販売開始の旧型です ついにマイニング損益分岐点8528ドル=91.5万円割れで赤字になりました 2019年販売開始の Bitmain Antminer S17 Proの 損益分岐点は67万円です これは2018年の急落前の重要サポートラインでもあります(65万円や6500ドルラインも重要?) 3日足 2018年は200SMA攻めに耐え切られず割れて急落開始 ビットワイズのビットコインETFが再審査されたり 半減期(2020年5月頃)などの好材料は折り込み済み? 下抜けた時の場合も考えておいたほうが良いかも ビットコイン損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro  6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10  3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン7086ドル=77万円 週足チャート ログスケールチャート100週線と200週線は重要です よく見ておきましょう 割っちゃいけないラインを 割ったら2018年のように暴落する恐れがあります 来年の2020年4月から 改正資金決済法と金融商品取引法が施行 去年は ・四半期(3ヶ月間)の赤字は許容範囲 ・4月は新年度相場 =資金流入で爆上げアノマリーがありました Bitmain AntminerS9は 2017年販売開始の旧型です ついにマイニング損益分岐点8528ドル=91.5万円割れで赤字になりました 2019年販売開始の Bitmain Antminer S17 Proの 損益分岐点は67万円です これは2018年の急落前の重要サポートラインでもあります(65万円や6500ドルラインも重要?) 3日足 2018年は200SMA攻めに耐え切られず割れて急落開始 ビットワイズのビットコインETFが再審査されたり 半減期(2020年5月頃)などの好材料は折り込み済み? 下抜けた時の場合も考えておいたほうが良いかも ビットコイン損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro  6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10  3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン7086ドル=77万円 週足チャート ログスケールチャート100週線と200週線は重要です よく見ておきましょう 割っちゃいけないラインを 割ったら2018年のように暴落する恐れがあります 来年の2020年4月から 改正資金決済法と金融商品取引法が施行 去年は ・四半期(3ヶ月間)の赤字は許容範囲 ・4月は新年度相場 =資金流入で爆上げアノマリーがありました Bitmain AntminerS9は 2017年販売開始の旧型です ついにマイニング損益分岐点8528ドル=91.5万円割れで赤字になりました 2019年販売開始の Bitmain Antminer S17 Proの 損益分岐点は67万円です これは2018年の急落前の重要サポートラインでもあります(65万円や6500ドルラインも重要?) 3日足 2018年は200SMA攻めに耐え切られず割れて急落開始 ビットワイズのビットコインETFが再審査されたり 半減期(2020年5月頃)などの好材料は折り込み済み? 下抜けた時の場合も考えておいたほうが良いかも ビットコイン損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro  6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10  3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)20時

 

ビットコイン78万円 4時間足チャート 単純移動平均線20SMAを見ておくと分かりやすいです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い 下抜けは売り 上抜け失敗は戻り売り ロールリバーサル、リターンムーブで検索すると良いです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い増し 下抜けは売り。上抜け失敗、復帰失敗は戻り売りです CMEのビットコイン先物11月物SQは 日本時間11月30日午前1時です (SQ前に売り、SQ後に買い戻しされる傾向) 2000EMA,3000EMA,4000EMAと段々状に動いています テクニカルを無視した動きはしていません  2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 4時間足チャート 単純移動平均線20SMAを見ておくと分かりやすいです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い 下抜けは売り 上抜け失敗は戻り売り ロールリバーサル、リターンムーブで検索すると良いです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い増し 下抜けは売り。上抜け失敗、復帰失敗は戻り売りです CMEのビットコイン先物11月物SQは 日本時間11月30日午前1時です (SQ前に売り、SQ後に買い戻しされる傾向) 2000EMA,3000EMA,4000EMAと段々状に動いています テクニカルを無視した動きはしていません  2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 4時間足チャート 単純移動平均線20SMAを見ておくと分かりやすいです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い 下抜けは売り 上抜け失敗は戻り売り ロールリバーサル、リターンムーブで検索すると良いです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い増し 下抜けは売り。上抜け失敗、復帰失敗は戻り売りです CMEのビットコイン先物11月物SQは 日本時間11月30日午前1時です (SQ前に売り、SQ後に買い戻しされる傾向) 2000EMA,3000EMA,4000EMAと段々状に動いています テクニカルを無視した動きはしていません  2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 4時間足チャート 単純移動平均線20SMAを見ておくと分かりやすいです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い 下抜けは売り 上抜け失敗は戻り売り ロールリバーサル、リターンムーブで検索すると良いです 上抜けは買い 上抜けて支えられたら買い増し 下抜けは売り。上抜け失敗、復帰失敗は戻り売りです CMEのビットコイン先物11月物SQは 日本時間11月30日午前1時です (SQ前に売り、SQ後に買い戻しされる傾向) 2000EMA,3000EMA,4000EMAと段々状に動いています テクニカルを無視した動きはしていません  2019年11月26日(火)19時

 

ビットコイン78万円 マイニング損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro 水色 6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10 緑 3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 マイニング損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro 水色 6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10 緑 3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 マイニング損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro 水色 6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10 緑 3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)19時

ビットコイン78万円 マイニング損益分岐点まとめ ●Bitmain AntminerS9 8528ドル 91.5万円 ●WhatsMiner M10 7351ドル 78.8万円 ←今ここ ●Bitmain Antminer S17 Pro 水色 6299ドル 67.5万円 ●Innosilicon T3+57T 5126ドル 54.9万円 ●MicroBT Whatsminer M10 緑 3627ドル 38万円(大底) 2019年11月26日(火)19時

 

ビットコイン77万円 1日足 700日線EMA接触中 800日移動平均線は機関投資家も使用しているそうです 単純移動平均線だけでなく指数平滑移動平均線も有効です CMEのビットコイン先物SQ日が トレンド転換日になっています 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン77万円 1日足 700日線EMA接触中 800日移動平均線は機関投資家も使用しているそうです 単純移動平均線だけでなく指数平滑移動平均線も有効です CMEのビットコイン先物SQ日が トレンド転換日になっています 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン77万円 1日足 700日線EMA接触中 800日移動平均線は機関投資家も使用しているそうです 単純移動平均線だけでなく指数平滑移動平均線も有効です CMEのビットコイン先物SQ日が トレンド転換日になっています 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン77万円 1日足 700日線EMA接触中 800日移動平均線は機関投資家も使用しているそうです 単純移動平均線だけでなく指数平滑移動平均線も有効です CMEのビットコイン先物SQ日が トレンド転換日になっています 2019年11月26日(火)20時

 

ビットコイン77万3010円=7099ドル リップル23円 イーサリアム1万5884円 イーサリアムクラシック416円 ネム3.873円 モナコイン98.95円 ビットコインキャッシュ2万2765円 ライトコイン5023円 ファクトム277円 リスク70円 ステラ6.254円 コムサ5.647円 世界の株価 日経平均株価2万3373円 TOPIX1705円 マザーズ新興市場905円 米国株 ダウ平均株価2万8066ドル ナスダック8632ドル S&P500は3133ドル ゴールド1トロイオンス1458ドル=金相場1グラム5108円 WTI原油は58.11ドル=1リットル39.83円 ドル円108.971円 ユーロ円120.044円 ユーロドル1.1016円 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン77万3010円=7099ドル リップル23円 イーサリアム1万5884円 イーサリアムクラシック416円 ネム3.873円 モナコイン98.95円 ビットコインキャッシュ2万2765円 ライトコイン5023円 ファクトム277円 リスク70円 ステラ6.254円 コムサ5.647円 世界の株価 日経平均株価2万3373円 TOPIX1705円 マザーズ新興市場905円 米国株 ダウ平均株価2万8066ドル ナスダック8632ドル S&P500は3133ドル ゴールド1トロイオンス1458ドル=金相場1グラム5108円 WTI原油は58.11ドル=1リットル39.83円 ドル円108.971円 ユーロ円120.044円 ユーロドル1.1016円 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン77万3010円=7099ドル リップル23円 イーサリアム1万5884円 イーサリアムクラシック416円 ネム3.873円 モナコイン98.95円 ビットコインキャッシュ2万2765円 ライトコイン5023円 ファクトム277円 リスク70円 ステラ6.254円 コムサ5.647円 世界の株価 日経平均株価2万3373円 TOPIX1705円 マザーズ新興市場905円 米国株 ダウ平均株価2万8066ドル ナスダック8632ドル S&P500は3133ドル ゴールド1トロイオンス1458ドル=金相場1グラム5108円 WTI原油は58.11ドル=1リットル39.83円 ドル円108.971円 ユーロ円120.044円 ユーロドル1.1016円 2019年11月26日(火)20時

ビットコイン77万3010円=7099ドル リップル23円 イーサリアム1万5884円 イーサリアムクラシック416円 ネム3.873円 モナコイン98.95円 ビットコインキャッシュ2万2765円 ライトコイン5023円 ファクトム277円 リスク70円 ステラ6.254円 コムサ5.647円 世界の株価 日経平均株価2万3373円 TOPIX1705円 マザーズ新興市場905円 米国株 ダウ平均株価2万8066ドル ナスダック8632ドル S&P500は3133ドル ゴールド1トロイオンス1458ドル=金相場1グラム5108円 WTI原油は58.11ドル=1リットル39.83円 ドル円108.971円 ユーロ円120.044円 ユーロドル1.1016円 2019年11月26日(火)20時

 

 



「割っちゃいけないライン」を守りきれないと暴落する可能性が高くなります ビットコイン3日足&週足 100週線、200週移動平均線 by yoshinakkuru on TradingView.com

 

「割っちゃいけないライン」を守りきれないと暴落する可能性が高くなります ビットコイン3日足&週足 100週線、200週移動平均線- #BTCJPYチャート

 

ビットコイン77万円

・4時間足
20SMA(黒色の移動平均線)支えになるか

・1日足 700日線EMA接触中
CMEのビットコイン先物SQ日が
トレンド転換日になっています

・週足
100週線耐えられるか

CMEのビットコイン先物11月物SQは
日本時間11月30日午前1時です
(SQ前に売り、SQ後に買い戻しされる傾向)

 

ビットコイン78万円 3日足の200SMAと 週足の100週線と200週線に注目です 割っちゃいけないラインを 割ったら2018年のように? 来年の2020年4月から 改正資金決済法と金融商品取引法が施行 去年は ・四半期(3ヶ月間)の赤字は許容範囲 ・4月は新年度相場 =資金流入で爆上げアノマリーがありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンで売られてる大容量SDカード、「SDカード 1024GB」で検索したときの上位12製品のうち11製品が詐欺商品(実際には16GB程度しか書き込めない等)で、悪いレビューがつくごとに別のasinで出品を繰り返されていて、かつスポンサープロダクトのところにも真っ先に出てくるんだけど、こりゃ地獄だわ。

Transcend、Samsung、SanDisk、Lexarなどの有名どころのSDカードが512GB容量のもので1万円前後である現状、その倍の容量である1024GBのものが、たかだか数千円で買えるわけねーだろ、バーカバーカって思える人ばかりの世の中なら良かったんだけども…。

&emi=AN1VRQENFRJN5 この呪文が役に立つかもしれませんね

これに基づいてユーザースクリプトを書いた。URLの後ろに自動的「&emi=AN1VRQENFRJN5」つけることで、「Amazon.co.jp 」が出品する製品だけに絞り込めます、インストールはTampermonkey(またはGreasemonkey) という拡張機能が必要。

1TBのmicrosdを現在発売しているメーカーはsandisk一社だけです。 フラッシュメモリのトップメーカー、Sandiskが8月に10万円で1TBのmicroSDを発売、日本初となります。 中国メーカーの出しているものはすべて偽物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント