ビットコイン、2020年仮想通貨バブル!?2017年や2019年バブル戻り高値=1万1500ドル(121万円(1ドル@106円))まで爆上げ! 2020年8月1日(土)

1BTC=1万1572ドル=122万円 暗号資産・仮想通貨ビットコイン BITFINEX:BTCUSD米ドル建て1日足チャート 1万1700ドル 125万1900円(@107円) 34万7789円=2017年5月25日高値 35万4350円=2018年12月15日安値 44万1900円=2020年3月13日安値 56万6350円=2017年9月2日高値 64万5650円=2018年2月6日安値 82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル) 94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル) 108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル) 114万8000円=2019年9月4日高値 114万9999円=2020年2月12日高値 115万408円=2020年2月13日高値 117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値 119万5558円=2019年7月20日高値 127万5190円=2018年2月20日高値 127万4500円=2019年8月8日高値 149万5427円=2019年6月26日高値 (2019年12月終値ちょうど150万円) 2020年8月1日(土)20時bitcoin
1BTC=1万1572ドル=122万円 暗号資産・仮想通貨ビットコイン BITFINEX:BTCUSD米ドル建て1日足チャート 1万1700ドル 125万1900円(@107円) 34万7789円=2017年5月25日高値 35万4350円=2018年12月15日安値 44万1900円=2020年3月13日安値 56万6350円=2017年9月2日高値 64万5650円=2018年2月6日安値 82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル) 94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル) 108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル) 114万8000円=2019年9月4日高値 114万9999円=2020年2月12日高値 115万408円=2020年2月13日高値 117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値 119万5558円=2019年7月20日高値 127万5190円=2018年2月20日高値 127万4500円=2019年8月8日高値 149万5427円=2019年6月26日高値 (2019年12月終値ちょうど150万円) 2020年8月1日(土)20時
スポンサーリンク

 

1BTC=1万1572ドル=122万円 暗号資産・仮想通貨ビットコイン BITFINEX:BTCUSD米ドル建て1日足チャート 1万1700ドル 125万1900円(@107円) 34万7789円=2017年5月25日高値 35万4350円=2018年12月15日安値 44万1900円=2020年3月13日安値 56万6350円=2017年9月2日高値 64万5650円=2018年2月6日安値 82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル) 94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル) 108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル) 114万8000円=2019年9月4日高値 114万9999円=2020年2月12日高値 115万408円=2020年2月13日高値 117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値 119万5558円=2019年7月20日高値 127万5190円=2018年2月20日高値 127万4500円=2019年8月8日高値 149万5427円=2019年6月26日高値 (2019年12月終値ちょうど150万円) 2020年8月1日(土)20時

1BTC=1万1572ドル=122万円
暗号資産・仮想通貨ビットコイン
BITFINEX:BTCUSD米ドル建て1日足チャート
1万1700ドル
125万1900円(@107円)
34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
119万5558円=2019年7月20日高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)
2020年8月1日(土)20時

1BTC=1万1572ドル=122万円

暗号資産・仮想通貨ビットコイン
BITFINEX:BTCUSD米ドル建て1日足チャート

1万1700ドル
125万1900円(@107円)

34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
119万5558円=2019年7月20日高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)

2020年8月1日(土)20時

 

ビットコイン123万7089円 1日足チャート bitFlyer:BTCJPY 2017年~2018年 仮想通貨バブル戻り高値 127万5190円=2018年2月20日高値 127万4500円=2019年8月8日高値 114万8000円=2019年9月4日高値 115万408円=2020年2月13日高値 117万654円=2019年9月6日高値 2017年12月30日安値=150万円 2019年6月26日高値=149万5427円  34万7789円=2017年5月25日高値 35万4350円=2018年12月15日安値 44万1900円=2020年3月13日安値 56万6350円=2017年9月2日高値 64万5650円=2018年2月6日安値 82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル) 94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル) 108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル) 114万8000円=2019年9月4日高値 114万9999円=2020年2月12日高値 115万408円=2020年2月13日高値 117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値 127万5190円=2018年2月20日高値 127万4500円=2019年8月8日高値 149万5427円=2019年6月26日高値 (2019年12月終値ちょうど150万円) (1ドル@ 107円) 10万円=1000ドル 21万円=2000ドル 32万円=3000ドル 42万円=4000ドル 53万円=5000ドル 64万円=6000ドル 74万円=7000ドル 85万円=8000ドル 96万円=9000ドル 107万円=10000ドル 1万ドル 117万円=11000ドル 128万円=12000ドル 139万円=13000ドル 149万円=14000ドル 160万円=15000ドル 2020年8月1日(土)21時撮影

ビットコイン123万7089円
1日足チャート
bitFlyer:BTCJPY
2017年~2018年
仮想通貨バブル戻り高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
114万8000円=2019年9月4日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万654円=2019年9月6日高値
2017年12月30日安値=150万円
2019年6月26日高値=149万5427円 
34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)
(1ドル@ 107円)
10万円=1000ドル
21万円=2000ドル
32万円=3000ドル
42万円=4000ドル
53万円=5000ドル
64万円=6000ドル
74万円=7000ドル
85万円=8000ドル
96万円=9000ドル
107万円=10000ドル 1万ドル
117万円=11000ドル
128万円=12000ドル
139万円=13000ドル
149万円=14000ドル
160万円=15000ドル
2020年8月1日(土)21時撮影

ビットコイン123万7089円

1日足チャート
bitFlyer:BTCJPY

2017年~2018年
仮想通貨バブル戻り高値

127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値

114万8000円=2019年9月4日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万654円=2019年9月6日高値

2017年12月30日安値=150万円
2019年6月26日高値=149万5427円

34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)

(1ドル@ 107円)
10万円=1000ドル
21万円=2000ドル
32万円=3000ドル
42万円=4000ドル
53万円=5000ドル
64万円=6000ドル
74万円=7000ドル
85万円=8000ドル
96万円=9000ドル
107万円=10000ドル 1万ドル
117万円=11000ドル
128万円=12000ドル
139万円=13000ドル
149万円=14000ドル
160万円=15000ドル

2020年8月1日(土)21時撮影

 

ビットコイン 1万1630ドル=123万円 週足チャート ローソク足実体だと 1万1500ドル~1万4000ドルはスカスカですね 米ドル建てチャートだと 過去の高値が効いていることがよく分かります 34万7789円=2017年5月25日高値 35万4350円=2018年12月15日安値 44万1900円=2020年3月13日安値 56万6350円=2017年9月2日高値 64万5650円=2018年2月6日安値 82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル) 94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル) 108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル) 114万8000円=2019年9月4日高値 114万9999円=2020年2月12日高値 115万408円=2020年2月13日高値 117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値 127万5190円=2018年2月20日高値 127万4500円=2019年8月8日高値 149万5427円=2019年6月26日高値 (2019年12月終値ちょうど150万円) (1ドル@ 107円) 10万円=1000ドル 21万円=2000ドル 32万円=3000ドル 42万円=4000ドル 53万円=5000ドル 64万円=6000ドル 74万円=7000ドル 85万円=8000ドル 96万円=9000ドル 107万円=10000ドル 1万ドル 117万円=11000ドル 128万円=12000ドル 139万円=13000ドル 149万円=14000ドル 160万円=15000ドル 2020年8月1日(土)20時

ビットコイン
1万1630ドル=123万円
週足チャート
ローソク足実体だと
1万1500ドル~1万4000ドルはスカスカですね
米ドル建てチャートだと
過去の高値が効いていることがよく分かります
34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)
(1ドル@ 107円)
10万円=1000ドル
21万円=2000ドル
32万円=3000ドル
42万円=4000ドル
53万円=5000ドル
64万円=6000ドル
74万円=7000ドル
85万円=8000ドル
96万円=9000ドル
107万円=10000ドル 1万ドル
117万円=11000ドル
128万円=12000ドル
139万円=13000ドル
149万円=14000ドル
160万円=15000ドル
2020年8月1日(土)20時

ビットコイン
1万1630ドル=123万円

週足チャート
ローソク足実体だと
1万1500ドル~1万4000ドルはスカスカですね

米ドル建てチャートだと
過去の高値が効いていることがよく分かります

34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)

(1ドル@ 107円)
10万円=1000ドル
21万円=2000ドル
32万円=3000ドル
42万円=4000ドル
53万円=5000ドル
64万円=6000ドル
74万円=7000ドル
85万円=8000ドル
96万円=9000ドル
107万円=10000ドル 1万ドル
117万円=11000ドル
128万円=12000ドル
139万円=13000ドル
149万円=14000ドル
160万円=15000ドル

2020年8月1日(土)20時

 

ビットコイン 123万6377円 bitFlyer:BTCJPY 1日足チャート 2017年~2018年 仮想通貨バブルの戻り高値 124万円~127万円付近まで上がりましたね 34万7789円=2017年5月25日高値 35万4350円=2018年12月15日安値 44万1900円=2020年3月13日安値 56万6350円=2017年9月2日高値 64万5650円=2018年2月6日安値 82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル) 94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル) 108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル) 114万8000円=2019年9月4日高値 114万9999円=2020年2月12日高値 115万408円=2020年2月13日高値 117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値 119万5558円=2019年7月20日高値 127万5190円=2018年2月20日高値 127万4500円=2019年8月8日高値 149万5427円=2019年6月26日高値 (2019年12月終値ちょうど150万円) 2020年8月1日(土)19時

ビットコイン
123万6377円
bitFlyer:BTCJPY
1日足チャート
2017年~2018年
仮想通貨バブルの戻り高値
124万円~127万円付近まで上がりましたね
34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
119万5558円=2019年7月20日高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)
2020年8月1日(土)19時

ビットコイン
123万6377円
bitFlyer:BTCJPY
1日足チャート
2017年~2018年
仮想通貨バブルの戻り高値
124万円~127万円付近まで上がりましたね
34万7789円=2017年5月25日高値
35万4350円=2018年12月15日安値
44万1900円=2020年3月13日安値
56万6350円=2017年9月2日高値
64万5650円=2018年2月6日安値
82万4000円=2018年9月4日高値(7429ドル)
94万2530円=2018年7月25日高値(8506ドル)
108万3035円=2018年5月5日高値(9990ドル 1万ドル)
114万8000円=2019年9月4日高値
114万9999円=2020年2月12日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万0654円=2019年9月6日上ヒゲ高値
119万5558円=2019年7月20日高値
127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値
149万5427円=2019年6月26日高値
(2019年12月終値ちょうど150万円)
2020年8月1日(土)19時

 

ビットコイン 123万6000円 =1万1635ドル 暗号資産・仮想通貨市場一覧 リップル28.46円 イーサリアム3万7751円 イーサリアムクラシック805.30円 ネム5.613円 モナコイン218.14円 ビットコインキャッシュ3万2717円 ライトコイン6323円 ファクトム166.47円 リスク135.97円 ステラ10.644円 クアンタム270.07円 バット26.80円 日経平均株価2万1710円 TOPIXは1496.06円 マザーズ新興市場958.23円 米国株 ダウ平均株価2万6428.32ドル ナスダック1万745.27ドル S&P500は3271.12ドル WTI原油1バレル40.41ドル=1リットル26.92円 ゴールド1トロイオンス1975.25ドル ゴールド円1グラム6726円 外国為替市場 ドル円105.908円 ユーロ円124.701円 ユーロドル1.1778ドル 2020年8月1日(土)20時

ビットコイン
123万6000円
=1万1635ドル
暗号資産・仮想通貨市場一覧
リップル28.46円
イーサリアム3万7751円
イーサリアムクラシック805.30円
ネム5.613円
モナコイン218.14円
ビットコインキャッシュ3万2717円
ライトコイン6323円
ファクトム166.47円
リスク135.97円
ステラ10.644円
クアンタム270.07円
バット26.80円
日経平均株価2万1710円
TOPIXは1496.06円
マザーズ新興市場958.23円
米国株
ダウ平均株価2万6428.32ドル
ナスダック1万745.27ドル
S&P500は3271.12ドル
WTI原油1バレル40.41ドル=1リットル26.92円
ゴールド1トロイオンス1975.25ドル
ゴールド円1グラム6726円
外国為替市場
ドル円105.908円
ユーロ円124.701円
ユーロドル1.1778ドル
2020年8月1日(土)20時

ビットコイン
123万6000円
=1万1635ドル

暗号資産・仮想通貨市場一覧
リップル28.46円
イーサリアム3万7751円
イーサリアムクラシック805.30円
ネム5.613円
モナコイン218.14円
ビットコインキャッシュ3万2717円
ライトコイン6323円
ファクトム166.47円
リスク135.97円
ステラ10.644円
クアンタム270.07円
バット26.80円

日経平均株価2万1710円
TOPIXは1496.06円
マザーズ新興市場958.23円

米国株

ダウ平均株価2万6428.32ドル
ナスダック1万745.27ドル
S&P500は3271.12ドル

WTI原油1バレル40.41ドル=1リットル26.92円

ゴールド1トロイオンス1975.25ドル
ゴールド円1グラム6726円

外国為替市場

ドル円105.908円
ユーロ円124.701円
ユーロドル1.1778ドル

2020年8月1日(土)20時

 

ビットコイン
1日足チャート
bitFlyer:BTCJPY
2017年~2018年
仮想通貨バブル戻り高値

127万5190円=2018年2月20日高値
127万4500円=2019年8月8日高値

114万8000円=2019年9月4日高値
115万408円=2020年2月13日高値
117万654円=2019年9月6日高値

2017年12月30日150万円
2019年6月26日149万5427円

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン

・1日足 BTCJPY BTCUSD
2017年~2018年
仮想通貨バブルの戻り高値
124万円~127万円付近まで上がりましたね

・週足チャート
ローソク足実体だと
1万1500ドル~1万4000ドルはスカスカですね

米ドル建てチャートだと
過去の高値が効いていることがよく分かります

 

「聲の形」をご覧の皆さん。
聲の形と同じ山田尚子さんが監督、西屋太志さんがキャラデザ、吉田玲子さんが脚本、牛尾憲輔さんが音楽を担当した映画があります。

京アニの「リズと青い鳥」って映画です。
富野由悠季監督も、新海誠監督も賞賛した「リズと青い鳥」をよろしくお願いします!
#聲の形 https://twitter.com/ririka_YDTMG/status/1289178859716227072

 

聲の形は原作者が登場人物全員嫌いだって言ったのに対し山田尚子監督(映画の監督)は私は全員好きですって返したエピソードが1番すき
これが原作と映画の決定的な違いであるのだ
両方読もう観よう

 

#聲の形 視聴

「形にしなきゃ伝わらない」
塞ぎ込んでるだけじゃ何も分からない。けど、形にするのは難しい。それがよく分かった

1度は経験又は目撃しそうなことに登場キャラが葛藤し、悩み、後悔する姿は凄く人間臭かった。けどそれが良かったと見て思う

山田尚子さん監督作品には圧倒されてばかり https://twitter.com/suimai__A/status/1289212647095693315

 

今でも既に人間の仕事の半分以上が「お金を使う」と「無意味な仕事を作る」ことなんだよな。

俺のようなゲームクリエイターって、究極的には「やる事が無い人間に架空の仕事を与えて代わりに金を貰う」ことなんで、ゲームが存在できる時点でもうすでにかなり人の仕事はなくなってるhttps://twitter.com/satetu4401/status/1289450809424400384

 

ツイッターの時価総額が280億ドル、フェイスブックの時価総額が6686億ドル…同じようなSNSなのに、なぜここまで差がついた?

キミらは、そーゆーことを真剣に考えた事、あるの?https://twitter.com/hirosetakao/status/1289484606954078208

私見ですが、フェイスブックは、実際の友人や仕事関係で使っている人が多いので直接のビジネスに繋がりやすいと思います。本名で登録している人も多いですし。ツイッターは、匿名で趣味や好みの投稿が多いので、その点が弱いかも

 

小池百合子が記者会見のしょっぱなでマスクを外して「口紅をつけ忘れました、すみません」って言ったの、ほんと深刻な事態だなと思った。これは皮肉でも冗談でもなくて、なんかもういろんな深刻さのすべてを凝縮したような言葉だな、と思った。https://twitter.com/mori_na_kanishi/status/1288911401243643904

 

【拡散希望】お願いです。日本家屋等文化財の建物に入る際は《素足での入館はご遠慮下さい》。夏はサンダルで外出する機会が増えますが「皮脂汚れ」が床につくと完全には落ちません。お子様ご友人にもお伝えいただき、どうか文化財を汚さないという意識のもとご見学いただきたくお願い申し上げます。https://twitter.com/hoppo_bunka/status/1289377793780793345

うちの近くにある古民家を公開している資料館は、靴下を着用していないとチケットが買えません。その旨を、入り口に大きく貼り出しています。
そして、大人用子ども用の靴下を1足100円で販売していますので、ご参考までに・・・

脚の脂は取れません
板の間は大切に守らないと!

我が家は建築してた父と当時学生だった弟が天井張りしましたが、
父に板を素手で触るな!と怒られたそうです。
時間置いて手の跡が沢山出てきました(^^;)
脂は取れません!!

子供の頃から母に「人の様のお家にお邪魔するときは必ず靴下をはいていけ」って言われていて、ずっと謎だったんですが、こういう意図かあったのかもしれないと思いました。
確かに素足だと汗とか皮脂とかで知らず知らずのうちに汚れてしまう…

 

どんなすごいアカウントの人も
普通に楽しむ→実力発揮して目立ち人気出る→比例して一定数現れる否定的な意見の対処に悩む→尖る→全て受け入れて仏のように丸くなるor尖り続ける
ってフェーズを進むことになる。
今どのフェーズなのかを意識することは側から見ていて大事なことのように思う。https://twitter.com/ShiningBlue_SKY/status/1289467952710873088

 

請求書を紙ではなくPDFで送っていただけないかとお願いしたところ、

「PDFの調子が悪い」

というパワーワードをいただきました。

PDFの調子が悪いとは一体どういう状況だろうか?これはもしかして我々は何かを試されている?https://twitter.com/yonemura2006/status/1289146273904250880

ガチで紙の書類作って、多機能コピー機の機能でスキャンしてパソコンに送る機能のことを言ってる可能性はあるやもしれない…そうすると多機能機の調子が悪いと、PDFの調子が悪い、というかもしれない。

・パソコンの性能が低すぎてPDFを開こうとしてもうまく開けません。

・PDFの一部が文字化けしていてうまく読めません。

のどっちかだと思います。(個人的には1つめの方だと思います)

 

孫さん

「大金をバラ撒いてpaypayを浸透させたけどその価値あったの?」に対する最強のアンサーを出してきてすごい

今ままでは「Yahoo」という借り物のブランド名を年間100億円払って使わせてもらってたけど今後は「paypay」ブランドで戦える、今後更に脱Yahooが進みそう

本当にすごいhttps://twitter.com/sesere115/status/1289172770534785024

https://r.nikkei.com/article/DGXLASGM25H8C_V20C16A7FFB000 2016年の段階で3%(100億円)って感じなので今はもっと高いかもしれません

年間300億弱払ってたので2年経てば今期のぶち込んだ赤字余裕でペイしますって聞いて震えてます

 

サラリーマンが働く事ができた温かい環境は風前の灯火です。
2019年
・富士通2,850人
・NEC3,000人
・ルネサスエレ1,500人
・東芝1,410人
早期・希望退職によるリストラ。
今年はもっとひどい。エッセンシャル化した仕事に多くの人はいらないということです。所属しない生き方が主流になるよ。https://twitter.com/Investor__girl/status/1289508083828264962

 

【ニュース】PS4『ゴースト・オブ・ツシマ』では、狐は“880万回撫でられた”。ゲームの楽しげなデータを示す数字公開

 https://twitter.com/AUTOMATONJapan/status/1289388015433814017

 

インド人としては、ITオタクは、オタクじゃなくて成功者。羨望の的。
一方日本はITオタクはデブでコミュニケーション出来ない端っこにいるような人だろ?という差別意識。
そりゃGAFA、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンに負けるわな。https://twitter.com/fujitaminoru2/status/1289568680959827972

 

「XPS 15 2-in-1」は絵師の夢をかなえるか 人気イラストレーターが徹底検証

気に入った点
ボディーが薄型で高品質
4Kの高精細でしっかりした発色の画面
15.6型の画面サイズは運搬性とガチ描きの両面で有用
ノートPCでありながら従来のデスクトップPCのような高パフォーマンス
ペンが1セット付属している
ペンの遅延が小さい
ペン使用時の優れたパームリジェクション
薄型ながら確かな感触のキーボード
長期間のオンサイト保守など、頼りになるサポートがリーズナブルに提供されている
難点になり得る点
ペンがお絵描き用としては重たい
ペンの摩擦が手垢で変化しやすい
筆圧検知のオン荷重が大きく、ジッターの問題も大きい
ペンの価格が、より高性能なワコムPro Pen 2やApple Pencilよりもさらに高い
付属のペンが、付与した保守プランの内容にかかわらず1年保証固定
予備のペンチップ(替え芯)が1本しか付属しておらず、ペンチップ単体購入は保守パーツという扱いでもできず、ペンチップのみを交換する形式の修理も提供されていない
キーボードの打鍵音がやや耳ざわりで、タッチに一貫性がないキーがあり、スピーカーの音質に悪影響を与えている
本体にUSB Type-A端子がない

「XPS 15 2-in-1」は絵師の夢をかなえるか 人気イラストレーターが徹底検証 (1/6)
4K表示に対応した15.6型液晶を搭載し、筆圧4000段階の新世代ペンを付属する最新モバイルノートPC「XPS 15 2-in-1」を人気プロ絵師のrefeia氏がレビュー。XPS 15 2-in-1で“夢”はかなうのか?

 

Cintiq 16と Cintiq Pro 16 の違い『比較まとめ』
ざっくり違いをまず比較でまとめます。

❶ 色域カバー率とキャリブーション対応
❷ 視差軽減ダイレクトボンディング加工の有無
❸ マルチタッチ機能の有無
❹ 画面解像度
❺ 搭載スタンド
❻ 入力端子やPC接続の仕方
(同梱ケーブルも違う)
❼ 値段

Wacom Cintiq 16とCintiq Pro 16ならどっち?違いを比較! | REACH_rh.com
Wacom Cintiq 16とCintiq Pro 16の違いを比較してその違いや適性をまとめ、どちらがいいか迷わないで選択できるようにしてみました。

色域カバー率とキャリブーション対応
◆Cintiq 16 ↓

NTSC カバー率72%
(CIE1931)(標準値)
sRGBカバー率96%
(CIE1931) (標準値)
目視&手動調整は可能
◆Cintiq Pro 16 ↓

AdobeRGB90%
CIE1976 Adobe RGB カバー率90%
CIE1976 Adobe RGB 面積比 94%
CIE1931 Adobe RGB カバー率 85%
CIE1931 Adobe RGB 面積比:94%
目視&手動調整は可能プラス
WacomカラーManager (eodis3-dcwa)でのオプション対応可能

 

画面解像度
◆ Cintiq 16
フルHD (1920 x 1080ドット)

◆ Cintiq Pro 16
4K(3840 x 2160ドット)

 

コメント