2019年2月5日(火)ビットコイン37万円3500ドル マウントゴックス管財人の銀行口座が流出!(画像17枚)【1ヶ月で259億円の売り】343億円の入金 サンバイオ-79%暴落

2019年2月5日(火)ビットコイン1日足 ディセンディングトライアングル 2018年3月7日~6月22日までに259億円ものBTCとBCHを売却していたbitcoin
2019年2月5日(火)ビットコイン1日足 ディセンディングトライアングル 2018年3月7日~6月22日までに259億円ものBTCとBCHを売却していた
スポンサーリンク

 

再生債務者 株式会社MTGOX 管財人 小林信明 様 (三菱東京UFJ銀行の口座 預金通帳)

三菱東京HFJ銀行 再生債務者 株式会社MTGOX 管財人 小林信明 様 銀行口座 ビットポイントでビットコインとビットコインキャッシュ429億円の売却

三菱東京HFJ銀行 再生債務者 株式会社MTGOX 管財人 小林信明 様 銀行口座全ページの画像 ビットポイントでビットコインとビットコインキャッシュ429億円の売却

 

 

GOXDOX.comに掲載されているのは、管財人の小林氏が管理する三菱東京UFJ銀行の口座だ。マウントゴックスは昨年6月より民事再生手続を始めており、口座の名義は「再生債務者 株式会社MTGOX 管財人 小林信明 様」と変更されている。

小林氏は、昨年の3月9月に仮想通貨の売却額を発表。

昨年の3月7日には、2017年9月以降でビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)合わせて約430億円を売却したと発表。

また、昨年3月7日から、民事再生を決定を発表した6月22日までの間に、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)合わせて約260億円を売却したと発表した。

今回、東京地裁のリーク資料から明らかになったのは、2月~6月の間に25回、総額で343億4658万1104円、ビットポイントから管財人の口座に入金があったこと。「ビットポイントが寛大でない限り、管財人がビットポイントを雇って管理するビットコインとビットコインキャッシュ売却をしたと考えてしまう」とGOXDOX.comは述べている。

 

 

 

2019年2月5日(火)ビットコイン1日足 ディセンディングトライアングル  2018年3月7日~6月22日 MT.GOX 259億円ものBTCとBCHを売却していた

2019年2月5日(火)ビットコイン1日足 ディセンディングトライアングル 2018年3月7日~6月22日までに259億円ものBTCとBCHを売却していた

2019年2月5日(火)ビットコイン1日足 ディセンディングトライアングル 2018年3月7日~6月22日までに259億円ものBTCとBCHを売却していた

 

 

GOXDOX.comに掲載されているのは、管財人の小林氏が管理する三菱東京UFJ銀行の口座だ。マウントゴックスは昨年6月より民事再生手続を始めており、口座の名義は「再生債務者 株式会社MTGOX 管財人 小林信明 様」と変更されている。

小林氏は、昨年の3月と9月に仮想通貨の売却額を発表。昨年の3月7日には、2017年9月以降でビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)合わせて約430億円を売却したと発表。

また、昨年3月7日から、民事再生を決定を発表した6月22日までの間に、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)合わせて約260億円を売却したと発表した。

今回、東京地裁のリーク資料から明らかになったのは、2月~6月の間に25回、総額で343億4658万1104円、ビットポイントから管財人の口座に入金があったこと。「ビットポイントが寛大でない限り、管財人がビットポイントを雇って管理するビットコインとビットコインキャッシュ売却をしたと考えてしまう」とGOXDOX.comは述べている。

「東京のクジラ」
管財人の小林氏は、昨年3月、Bitcoin.comに対して、「BTCとBCHの売却方法については裁判所から許可を得た」としつつも、「将来のBTCとBCHの売却に影響がでることから、売却方法の詳細については説明を控えたい」と発言。「仮想通貨の専門家」と相談して「一般的な販売方法」ではなく、「相場に影響を与えるのを避けるやり方」で売却したと述べていた。

しかし、小林氏の売却については海外の主要経済メディアから「東京のクジラ」と恐れられ、売却のたびに相場の重しになっていると捉えられていた。とりわけ売却回数が多かった昨年5月、ビットコインは70%以上下落した。

5月は「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏が「仮想通貨は悪い結末を迎える」と発言したことや、韓国の仮想通貨取引所アップビット(Upbit)が詐欺の疑いで検察当局によって家宅捜査を受けたという報道などが相場に悪影響を与えたと見られていたが、管財人の思惑に反して「東京のクジラ」が相場を動かしてしまっていた可能性がある。

 

 

 

 

マウントゴックス管財人のものとされる通帳が流出。管財人が売却に利用した取引所は謎でしたが、ビットポイントだったのではと 3~6月までの管財人による仮想通貨売却額と、同期間のビットポイントからの入金額が一致。また入金の多かった5月、ビットポイントの出来高は急増しています

 

 

 

2019年2月5日(火)仮想通貨ビットコイン1時間足 魔改造RCI3lines

2019年2月5日(火)仮想通貨ビットコイン1時間足 魔改造RCI3lines

2019年2月5日(火)仮想通貨ビットコイン1時間足 魔改造RCI3lines

 

 

2019年2月5日(火)ビットコイン4時間足 魔改造RCI3lines

2019年2月5日(火)ビットコイン4時間足 魔改造RCI3lines

 

 

 

 

 

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン

 

マウントゴックス管財人の通帳流出?

2018年5月1日~6月4日に BITPointで259億円の売り

1日足で確認

ディセンディングトライアングルの斜辺 RCI中期線の天井から底打ちするまで売っていたようです

 

1時間足は精度が高い! ⇑サイン的中 200SMA突破し一目雲に突入

 

 

 

 

 

 

CISさんが買う → 最後は売り逃げる

 

買ったあとは売られます!

その事を忘れないように。

 

BTCFXでもそうですが、

「上がりそう」「たくさん買いました」と上手い人が言ったとしても、

数秒後にはショート入れていることが多いです。

根拠なく上がるだとか下がると言う雰囲気トレーダーが増えましたのでお気をつけて。

ローソク足トレーダーの言うことは当てになりません。

 

1分足~5分足トレーダーのツイートの賞味期限は1分未満と考えたほうが良いです

 

 

 

 

 

コメント