2019年4月29日(月)ビットコイン58万円 51%攻撃か?BCH32%(現在44%)のハッシュパワーで2度目のハッシュウォー? サトシ・ナカモトを名乗る BTCFX市況

ビットコイン1時間足 移動平均線500EMAが再びサポートラインになるか? 2019年4月29日(月)bitcoin
ビットコイン1時間足 移動平均線500EMAが再びサポートラインになるか? 2019年4月29日(月)
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
  1. ビットコイン58万円=5142ドル 記念スクリーンショット 世界の株価 2019年4月29日(月)
  2. ご高齢の日本人に「年金はちゃんと株で積み立てておくといいよ。 僕が働き始めた時のNY Dowは800ドルだったからね。」と言われた。 一体いくらの利益が出たのだろう。 自分が引退する頃にせめてダウ6万ドルくらいになってると良いんだけど。NYダウ平均株価800ドル→現在2万6543ドル=なんと33倍!
  3. BCHにNakamotoSatoshiと名乗るマイナーが。 約32%のハッシュパワーを抑えており、 2度目のハッシュウォーか?と懸念する人もいる。
  4. BitmainがBitcoin Cashの売却を希望? 自ら扇動したハッシュウォーで莫大な損失を被った 沈みゆくABCと縁を切りたがってるとの噂も 100万BCHとも言われるカードはいつ切られるのか 3月中頃から始まったパンプで既にレートは2倍超 売却するなら高いほうがいいに決まっている
  5. BCHハッシュウォーの復習 ハッシュウォー開始→電気代をまかなうためにBTC売られる(下がる)。
  6. ゴールデンクロスは、じつは2回チャンスがあります。
  7. 『ファンディングトレード』 基本的にはMEXの金利が切り替わるタイミング (5時,13時,21時)前後役1時間にIN 8時間内が上昇トレンドでLONG受取の際に間際に急騰する事がある 高から低金利に戻る時も狙い目
  8. ビットコイン1時間足 移動平均線500EMAが再びサポートラインになるか? 2019年4月29日(月)
  9. ビットコイン4時間足 平行チャネルを維持できるかどうか瀬戸際です 移動平均線100EMAを下抜けてしまっています 2019年4月29日(月)
  10. ビットコイン1日足 移動平均線300EMA(300日線EMA)がサポートになり支えられています AntminerS9マイニングマシンの損益分岐点 5080ドル(56万7000円)が意識されています 2019年4月29日(月)
  11. ビットコイン57万9300=5149ドル ビットコインキャッシュ(BCH)下にドリル開始 (自称サトシ・ナカモトが32%のハッシュパワーで敵対的マイニング開始) ドル円111.727円 ユーロ円124.750円 ユーロドル1.1160ドル 世界の株価 日経平均株価2万2258円 NYダウ平均株価2万6543ドル 2019年4月29日(月)
  12. Amazing Before & After Hollywood VFX Part 24 ハリウッド映画の3DCG技術、VFX(ビジュアルエフェクト)技術
  13. 映画『永遠の0』VFXメイキング(1)巨大航空母艦「赤城」
  14. 映画『永遠の0』VFXメイキング(2)赤城から出撃する零戦
  15. 「シン・ゴジラ」。 編集は庵野監督の製作スタイルを考慮してPremiere Proを活用

ビットコイン58万円=5142ドル 記念スクリーンショット 世界の株価 2019年4月29日(月)

日経平均株価2万2258円
NYダウ平均株価2万6543ドル

ビットコイン58万円=5142ドル 記念スクリーンショット 世界の株価 2019年4月29日(月)

ビットコイン58万円=5142ドル 記念スクリーンショット 世界の株価 2019年4月29日(月)

 

ご高齢の日本人に「年金はちゃんと株で積み立てておくといいよ。 僕が働き始めた時のNY Dowは800ドルだったからね。」と言われた。 一体いくらの利益が出たのだろう。 自分が引退する頃にせめてダウ6万ドルくらいになってると良いんだけど。NYダウ平均株価800ドル→現在2万6543ドル=なんと33倍!

 

 

BCHにNakamotoSatoshiと名乗るマイナーが。 約32%のハッシュパワーを抑えており、 2度目のハッシュウォーか?と懸念する人もいる。

 

 

BitmainがBitcoin Cashの売却を希望? 自ら扇動したハッシュウォーで莫大な損失を被った 沈みゆくABCと縁を切りたがってるとの噂も 100万BCHとも言われるカードはいつ切られるのか 3月中頃から始まったパンプで既にレートは2倍超 売却するなら高いほうがいいに決まっている

Twitter / ?

 

BCHハッシュウォーの復習 ハッシュウォー開始→電気代をまかなうためにBTC売られる(下がる)。

 

ゴールデンクロスは、じつは2回チャンスがあります。

短期が中期とクロスした後は、中期が長期とクロスするのを狙ってみるのも手なんですね。

また、パーフェクトオーダーは、短期がどんどん中期や長期から離れていけば、それだけトレンド続行が見込めます。

いずれも、深い考察が大事ですよ(^^)

 

『ファンディングトレード』 基本的にはMEXの金利が切り替わるタイミング (5時,13時,21時)前後役1時間にIN 8時間内が上昇トレンドでLONG受取の際に間際に急騰する事がある 高から低金利に戻る時も狙い目

レートの決定が8時間前前のポジに基づくものであり
今現在と「時の歪み」を取る戦術

 

ビットコイン1時間足 移動平均線500EMAが再びサポートラインになるか? 2019年4月29日(月)

ビットコイン1時間足 移動平均線500EMAが再びサポートラインになるか? 2019年4月29日(月)

ビットコイン1時間足 移動平均線500EMAが再びサポートラインになるか? 2019年4月29日(月)

 

ビットコイン4時間足 平行チャネルを維持できるかどうか瀬戸際です 移動平均線100EMAを下抜けてしまっています 2019年4月29日(月)

ビットコイン4時間足 平行チャネルを維持できるかどうか瀬戸際です 移動平均線100EMAを下抜けてしまっています 2019年4月29日(月)

ビットコイン4時間足 平行チャネルを維持できるかどうか瀬戸際です 移動平均線100EMAを下抜けてしまっています 2019年4月29日(月)

 

ビットコイン1日足 移動平均線300EMA(300日線EMA)がサポートになり支えられています AntminerS9マイニングマシンの損益分岐点 5080ドル(56万7000円)が意識されています 2019年4月29日(月)

ビットコイン1日足 移動平均線300EMAに支えられています AntminerS9マイニングマシンの損益分岐点5080ドル(56万7000円)が意識されています 2019年4月29日(月)

ビットコイン1日足 移動平均線300EMAに支えられています AntminerS9マイニングマシンの損益分岐点5080ドル(56万7000円)が意識されています 2019年4月29日(月)

 

ビットコイン57万9300=5149ドル ビットコインキャッシュ(BCH)下にドリル開始 (自称サトシ・ナカモトが32%のハッシュパワーで敵対的マイニング開始) ドル円111.727円 ユーロ円124.750円 ユーロドル1.1160ドル 世界の株価 日経平均株価2万2258円 NYダウ平均株価2万6543ドル 2019年4月29日(月)

ビットコイン57万9300=5149ドル ビットコインキャッシュ(BCH)下にドリル開始 ドル円111.727円 ユーロ円124.750円 ユーロドル1.1160ドル 世界の株価 日経平均株価2万2258円 NYダウ平均株価2万6543ドル 2019年4月29日(月)

ビットコイン57万9300=5149ドル ビットコインキャッシュ(BCH)下にドリル開始 ドル円111.727円 ユーロ円124.750円 ユーロドル1.1160ドル 世界の株価 日経平均株価2万2258円 NYダウ平均株価2万6543ドル 2019年4月29日(月)

NY見通し-
今週はアルファベット、アップルなどの1-3月期決算、
米4月雇用統計などの経済指標に注目

米財務長官「米中通商協議は合意に近づいている」

 

Amazing Before & After Hollywood VFX Part 24 ハリウッド映画の3DCG技術、VFX(ビジュアルエフェクト)技術

Amazing Before & After Hollywood VFX Part 24

映画『永遠の0』VFXメイキング(1)巨大航空母艦「赤城」

映画『永遠の0』VFXメイキング(1)巨大航空母艦「赤城」

映画『永遠の0』VFXメイキング(2)赤城から出撃する零戦

映画『永遠の0』VFXメイキング(2)赤城から出撃する零戦

日本のVFX技術も素晴らしいですね

使用ソフト 3dsMAX、MAYA、Photoshop、AfterEffects、NUKEなど

 

「シン・ゴジラ」。 編集は庵野監督の製作スタイルを考慮してPremiere Proを活用

日本の映画制作現場では、編集作業にAvidの「Media Composer」が標準的に利用されている。そんな中、現在大ヒット上映中の「シン・ゴジラ」のVFX(特撮視覚効果)シーンにおける編集ではアドビの「Premiere Pro CC」が採用された。

編集がある程度進むと、佐藤氏は「白組」のVFX-Studioで最終作業を行なった。一方、VFXが絡まないシーンについては、庵野監督が「khara」で編集するという分散作業となった。ここでは、東宝の「PictureElementサーバー」に全ての素材を置き、それぞれのスタジオで編集された素材はPEサーバー経由で即座に同期される「PEクラウド」が活用された。これにより、事実上3カ所にバックアップが存在する形となっていたため、バックアップは意識せずに作業できた。佐藤氏によるとこのような編集環境はこれまでの邦画ではほとんど例がないという。

今回の制作を振り返って佐藤氏は、月額5千円のソフトで数百万円のシステムに匹敵する作業ができる時代になったとコメントした。

 

月額5000円のソフト=「Adobe Creative Cloud」

コメント